HADO MARKET NEWS
Top Page


波動マーケット新聞



精神学協会:ゴッドブレインサーバー掲載
hado market.com

ハドー・マーケットのアフィリエイト・プログラム

あなたのSNSで、ハドー・マーケットの取扱い商品を紹介、リンクしてください。
売上高に応じた、ハドーポイント(ハドー・マーケットのみ有効)が附与されます。

Vol.32:白の衝動

四章:そのコードの名前は

 
 
 巨大機兵たちが十の破壊光線を放とうと光を点した時、アンドロイドたちは咄嗟に動いていた。射線はμ(ミュウ)のおかげで避けられる。余波なら少しは耐えられる。ゆえに一刻も早く砲塔を破壊せんと、怒濤(どとう)の砲撃を浴びせた。
【【このぉおおおおっ!】】
 ――ただ、その砲撃は全長一キロを超えようかという巨体にさほどの痛痒も与えられなかった。機兵は大きな的である自覚があるのか、空母よりも遙かに強力な出力のシールドを展開する能力を持っていたらしい。その体表に叩きつけられた無数の稲妻は儚く散る運命にあった。
 ただ機兵も突っ立っているわけではない。体表から次々と射出される無数の追尾ミサイルがアンドロイドたちを追い散らした。直撃を避けこそすれ、爆発に巻き込まれてアンドロイドたちの中にもダメージを負う者が出始めた。
 勝ち筋がない。――純然と横たわる事実に、砲装を握る彼らの手からは力が抜けそうになった。

【どうする!? 止めないと被害が拡大する、するけど――!】
【抜けるか、あの装甲!?】
【無理だ! 私たちの手元にある武装じゃ歯が立たない!】
 我に返ったかのように再開された砲撃の雨の中、怒濤(どとう)の勢いで言葉が交わされるのを聞きながら、μは歯噛みした。せめて戦艦がいてくれたら――!
 初手で八割削られた。いや、持って行かれた。
 戦う前から全滅した。惨敗という言葉はあまりに優しい。無残に散ったと表現してもまだ生ぬるい。先鋒に立ち、時間稼ぎをしていたはずのアンドロイド部隊は、生き残ったばかりに、突然、敗残兵の側になった。
【――エントの奴ら、イカれている! 一体でもおかしい威力の兵器を、十体だと!?】
【あんなのバカスカ撃ってみろ、国が滅ぶどころか草も生えなくなる。一面焦土になった荒れ地を手に入れたところでどうする気だ?】
【だが、止められない……!】
 戦慄しながら、ω(オメガ)とα(アルファ)が戻ってきた。
【――撤退する。それしかない。状況が変わりすぎている】
 ε(イプシロン)が、苦い顔で口にした。
【いいのか、ε。俺たちがいなくなったら、シンカナウス本土にあれが上陸するぞ】
【……それでも、今は止める手立てがない。時間稼ぎとはわけが違う。あれと、艦隊を敵に回すのは無理だ。別の装備が、必要だ。ここで無理に戦って、無駄に壊れても意味がない。あとのために今は退くんだ】
 理詰めで弱々しく正論を並べ、僕だって嫌だ、とεは呟いた。だがここで引き下がったとて、あの巨兵をどうにかできる手立てが本当にあるかも分からない。
【こんなに簡単に、守るべき人たちの街が、暮らしが、踏みにじられて良いわけない……!】
【…………!】
 どうする、と。μは、突然頭の中が真っ白になるのを感じた。
 今、ここで敵うわけがない。撤退するべきだ。εの言い分は正しい。でも、撤退したって状況は良くならない。シンカナウスへのエントの進撃は止まらない。止められなかった。アンドロイドたちが、戦ってどうにかできるとも思えない。
 時間だけが無情に過ぎようとした。砲塔の光はますます強くなった。
 μは混乱していた。戦う間もずっと自問していた。こんな風に戦うために、自分は生まれてきたのかと。違う、と心が悲鳴を上げた。
 守れと望まれた後ろの大地が燃えている。第七艦隊が消し飛ぶ時、小さな悲鳴が炎に飲まれる声が聞こえていた。無数の悲痛な衝撃を、μのシステムは拾い上げてしまった。
(『滅び去れ、シンカナウス。私ではなく、狂信者のエメレオ・ヴァーチンを選んだ、醜い祖国よ』)
 バレットの宣告を聞いた時、無様に逃げるだけなんて絶対に嫌だと、ずっとμに自らの存在への異議を訴え続けていた、あの白い衝動が叫んでいた。それは、あれほどμが忌避していた能動的な戦いにすら望ませるほどの強い意志だった。
 矛盾している。戦うことは、殺すこととどう違う。どうしたらいい。なりたくないものに、自らなるのか。なりたくないと願う自分を、世界は、人間は許さない。
 存在意義への叛逆は怖い。なぜ? ――壊されるのが怖いからだ。従わないことは許されない。許されないのに、嫌だと願う自分がいる。なぜ? 従うだけのものでいたくないからだ。だが、そんな自分はアンドロイドにはふさわしくない。
 まともなアンドロイドにもなれない、出来損ない。誰の役にも立てる気がしない。弱い自分が、嫌いだ。けれど、自分のこの衝動に嘘をついて逃げるのは、もっと嫌だ。なりたくない自分が、なりたい自分が、もう、分からない。
 ――怯えて迷い、泣きじゃくる心が限界を迎え、弾けた白い衝動がすべてを塗りつぶした。光が閃(ひらめ)くように、戦え、と心が蹴り立てられた。その瞬間、μの心は真っ白に染まった。
 
written by
pagetop