HADO MARKET NEWS
Top Page


波動マーケット新聞



精神学協会:ゴッドブレインサーバー掲載
hado market.com

ハドー・マーケットのアフィリエイト・プログラム

あなたのSNSで、ハドー・マーケットの取扱い商品を紹介、リンクしてください。
売上高に応じた、ハドーポイント(ハドー・マーケットのみ有効)が附与されます。
  • 積哲夫ラジオ(宇宙の声)VOL.7
    2024年6月19日 Vol.7:イデオロギーの克服


    日本神界が用意した開国の目的とは、キリスト教のイデオロギーを克服することでした。
    それは、プロテスタントのキリスト教徒たちが作ったアメリカが、アメリカ先住民の文化に触れ、日本文化に出会った時に、自らの歴史に対する反省と、日本文化への尊敬を持つだろうという期待でした。その期待を裏切り、キリスト教の暗部をさらに拡大したのが、アメリカを作った者たちの正体で、ペリーの時から今日までこの価値観、イデオロギーは続いています。
    資本主義、共産主義というイデオロギーは一神教の神の文化が生み出した鬼っ子です。イデオロギーの克服なしに、「今だけ、金だけ、自分だけ」の価値観で生きる人類の不幸を克服することはできません。そのための救世主創出プログラムが、最後の一厘であり、精神学なのです。

    <ラジオ内容全文>
    七回目の今回は、イデオロギーの克服というお話をします。
    日本神界が用意した開国というものがあります。それは、ヨーロッパで絶望したキリスト教徒が渡ったアメリカで、アメリカの先住民たちが持っていた文化、日本の縄文とも関連のある文化に触れて、自分たちの狂気のようなキリスト教の問題を少しは顧みて、日本文化に触れた時にはリスペクトするだろうという期待だったと言っておきます。

    その期待を完全に裏切る形で、ピューリタンの人々を先導者としたヨーロッパからの移民者は、先住民の皆殺しによって自分たちの領土拡大を進めました。キリスト教の暗部をさらに拡大したのが、プロテスタントという名の宗教改革者たちの正体だったのです。残念ながらアメリカという国を作った者たちが、日本文化に自分たちの理想を見ることはなく、日本列島はハワイ王国の次のターゲットにされたということです。
    この発想はペリーの時から今日まで、アメリカの政権の中枢にいる人間の共通する価値観ということができます。戦前までの日本の知識階級はこれらのことを知っていました。GHQ という占領軍が日本に入って何をしたかというと、これらのアメリカの正体を知っている正当な知識階級を追放することでした。この公職追放という名の弾圧によって、官界と教育界は、共産主義にシンパシーを持つ人間グループのために明け渡されたのです。その結果の姿が、今の日本の姿です。
    日本神界が日本の国を開いて何をしたかったのかというと、キリスト教文明から生まれたイデオロギーというものの克服でした。イデオロギーの元の言葉はギリシャ語のイデア、つまり「理念」なのです。人間が理念で世界を考えてみたものです。
    つまりイデオロギーとは何かというと、神なしで人間世界を変える方法の思考実験だったと私は考えています。神なしでと言うと、問題になるので、神が約束した理想の国を人間のみで作る方法としておきましょう。その出発点には神があるのですが、ヨーロッパの歴史には 、神の存在を感じさせるものがほとんどありません。それはなぜかというと、キリスト教だからです。
    ある時までのヨーロッパの歴史は、神となったイエスの復讐劇として捉えた方がよく理解できるはずです。精神学がこの世に出て、一神教の神がその宿敵と共に去るまで、この宇宙の法は復讐権の行使というものでした。復讐するは我にあり、なのです。それはイエスも例外ではありません。聖書の外伝の中には少年のイエスにそんな復讐心を持つ一面があることを伝えているものもあります。
    一神教の世界で神の正体を語るのは危険で、これらの情報を公開できるのは日本のみです。そして日本に聖徳太子としてその一部が転生したイエスを、日本神界が危険すぎるとして封印した最大の理由が、この復讐心にあったのです。 聖徳太子とほぼ同じ時代にムハンマドが出ているのも天の配剤です。その時代、すでにヨーロッパには神はいなかった。そういうことです。
    教会による知識の独占が終わり、そこで生まれたイデオロギーを克服する役割こそ、いつも神がいた日本の天命だったのです。私が真実のみを語っていることは、精神界に今もある神々のデータ系に直接アクセスする能力を持てば、誰もが確認することができます。その方法を伝えるものが、精神学という一つの知の体型です。
    資本主義というイデオロギーも、共産主義というイデオロギーも、金利を認めない一神教の神の文化が生み出した鬼っ子なのです。このイデオロギーを克服することなしに、今の世界に溢れている「今だけ、金だけ、自分だけ」という価値観で生きる人間の増加を食い止める方法はないということです。
    ヨーロッパに神がいない時代に神々が日本列島上で準備した、この人類の不幸を克服するプログラムが、最後の一厘であり、その救世主創出プログラムが、精神学というものです。

今週の光文書

(ヒカリモンジョ)
  • Vol.800+30+89

    東京無惨

    この二千二十四年六月二十日という日は、東京都知事選挙の告示日です。この日に対して、「東京無惨」というタイトルの光文書を出せという指示が、天からありました。そこには、いろいろな意味が隠されているのでしょうが、残念ながら、東京の未来を暗くする候補しかいないというところに、日本国の現実が見えています。
    たぶん、敗戦から八十年の二千二十五年に、日本は本格的な試練の時代に突入するのですが、東京政府も無能、地方の自治体の首長も無能ということで、国民は国家や行政を、ここまでにした自分たちの無能さ、無力さにがく然とすることになるはずです。
    精神界が伝えてきた、天皇は第百二十六代で終わり、という情報があります。
    私に、指示を下している天というか、光の領域の情報では、地球は二千二十年にひとつの時代を終え、現在は神紀四年ということです。さらに、ここに来て、敗戦後、アメリカの占領軍によって作られた東京政府の賞味期限が、八十年目の二千二十五年に終わることになっています。
    現在のアメリカの大統領選挙の動向や、ヨーロッパやアジアの政治と経済の状況を見れば、この東京無惨という言葉が現実になる日が近いことが、健全な認識系を持つ人間ならば理解できるはずです。

    ところが、現実の東京は、世界で唯一、いまだに不動産価格が上昇中という狂気の中にあります。
    理由は簡単で、チャイナの不動産バブルの崩壊、アメリカやヨーロッパでの商業用不動産バブルの崩壊の中で、円安の日本の不動産のみが、投資対象のように見えているからです。
    円安の時に、円キャリートレードで超低金利で調達した資金を使うべき投資対象は、日本の株や不動産というのは、現在の日本政府と日銀の無能さを見ていれば、当然の選択ということになります。しかし、現政権がいつまで続くのか、ということと、アメリカ大統領が誰になるのかということを総合的に考えるならば、あるタイミングで、円高に振れ、それが進行すると、この円キャリートレードのバブルも崩壊することになります。
    もともと、アメリカ経済は、二千八年のリーマンショックの時に崩壊していたはずなのです。それを無限大ともいうべきマネーの供給で、クラッシュを先送りしてきたのがアメリカの超好景気の正体でした。それと同じ動きをしているのが、チャイナ経済で、リーマンショックからの脱出に貢献したとされる政府の支出を、その後も拡大し続け、見かけのGDPの増大をするための政策も、コロナの後に起きた経済の失速で、もう、未来はありません。そうした、世界のバブルに資金を供給してきたのは、実は、国民を貧しくしつつも、海外にマネーを移転した日本でしたが、それも限界に達しているというのが現在の世界です。
    現物の金の価格が上昇し、ハードカレンシーと呼ばれる各国の通貨は、その信頼度を低下させています。
    この先にあるのは、マネーというものが、その数字の巨大さによって、自壊していくという未来です。
    その未来を予感している人間の多くは、仮想通貨などに未来を見ているのかも知れませんが、世界のマネーを洗濯するという天の意志があることを私は知らされています。
    マネーで地球を買えると考えるような人間を生み出した文明の死は近いのです。
    そのシンボルとなるのが、アメリカのドルで、ドルの覇権が終った時に、アメリカの一般の国民は、誰がアメリカの支配者であったのかを知り、戦うことになるでしょう。
    それが、独立戦争というものを建国神話として持つアメリカの運命なのです。
    その時が近づいています。
    そして、その時が、いままで沈黙していた日本人の中の覚醒したものが世に出る日となるのです。
    その日まで、あと一年か二年。東京に無惨な運命が待っているとしても、その先は明るいはずです。日本は日のもとなのですから。

    神紀四年(二千二十四年)六月二十日 積哲夫 記

    積哲夫ラジオはじまりました。
    GODBRAIN – YouTube

シンロジー・コンピューターは、
物質界と精神界を繋ぐ波動コンピューターです。

積哲夫ラジオ、シンロジーコンピューター編 Vol.2
今回は、シンロジーコンピューターの創設神話の始めが、中国大陸と日本で国を傾けるほどの悪さをした九尾の狐の伝説で始まった理由のお話です。
続きはYouTubeでどうぞ。

ダッキー・コンピューター・シール
いよいよ発売!

シールを貼るだけで、コンピューターからの悪性波動を低減し、使う人の脳内宇宙の情報系にも変革をもたらすダッキー・コンピューター・シールが、6月1日から販売開始。
お求めはこちらです。▶︎

  • Vol.119

    「日本のクリエイターはクセが強いからコンテンツも強いので……」

    2024年6月20日

    Mackey

    (2024年6月19日収録)

    Mackey:ジョブズ通信を始めます。

    Steve:うーん。

    Mackey:あれ、今日は難しい顔をして考え込んでるね? どうかした?

    Steve:あれからいろいろ考えてたんだけどね。ゆるキャラってみんなに愛されてこそのゆるキャラだろ?

    Mackey:……そうだね。

    Steve:僕たちにあるゆるキャラってなんだろうって考えたら、あのキャラクターしかいないんだよね。今のところ。

    Mackey:……まさか……。いや他にもいるよ? キツネとか蛇とか河童とか!

    Steve:うん。でも究極のゆるキャラはアレだよ。φのマーク。

    Mackey:…………え。

    Steve:無機質でもいいんだ! φマーク、カワイイ!

    Mackey:頭どうかしたんですか?

    Steve:ちょっと、Mackey、反応が冷たすぎるよ! ほらキュートじゃないか! いいだろ、Chromeのアイコンが「#そういういきもの」で可愛く見えるんだから!

     

     

    Mackey:精神学協会のマークに手足とか生やさないでください。あれは一応重要な意味があるんですから。マークのコンセプトを考えたら、わき芽とか手足とか生やせるわけないでしょう。

    Steve:じゃああのままでいいんじゃない?

    Mackey:ああ言えばこう言う。うっ、ホントになんかそういういきものに見えてきた……!

    Steve:いやぁ、日本人の発想ってすごいよね。僕にはないアイデアだったよ。

    Mackey:……シンロジーコンピューターもゆるキャラシルエットにできるかもしれないね……(がっくり)

    Mackey:話は変わって、NICONICOに続いて他のクリエイター向けサービスも今週、攻撃を受けてるんだよね。もしかして関連性があるかなって思ったけど、ひょっとすると大規模攻撃が無差別にかけられていて、有名どころが目立っているだけかもしれないな……。

    Steve:昨日、君、Xに書いてたけどさ、日本のコンテンツってみんなほとんどそこから来てるのかい?

    Mackey:アニメ界隈はかなり多いよ。最近Amazonとかに溢れてる書籍は、アルファポリスやらカクヨムやら小説家になろうやらからの出版も多いんだよね。もちろん他の賞でデビューする人もいるけど、投稿サイトにあるものは、人気になると出版権がほしいって出版社からオファーがいくみたい。今のところ、昔ながらの漫画→単行本化からアニメ、ドラマ化するルートと、小説→漫画やアニメ化するルートと、二つあるかな。ていうか、「わたしの幸せな結婚」が実写化するとは思わんかった……。

    Steve:え、アレ、ネット小説なのかい?

    Mackey:うん。始めちょろちょろ読んでたんだけど、たまたま好みの問題で先を読む気にならなかったのでほっといたら、気付くと書籍化・漫画化・アニメ化・実写化って続いてて「いつの間に……」って。みんなああいうの好きなんだね……。

    Steve:で、最近君が好きな作品はなんなんだい? 君が読んでるやつって、だいたい数年後にはメディア展開があるだろ!?

    Mackey:それは、みんなが話題にし始めたものを遅れて読んでるだけだよ。んー、最近私が良いなぁって思った作品は、あんまり一般受けしないんじゃないかな。ファンタジーもので「猫と竜」とか、「東の森の魔女の庭」とか。猫が活躍する話が多いね。

    Steve:猫か!

    Mackey:最近読んでるのはベタなものか、作者の癖(ヘキ)が詰まった作品が多いかも。

    Steve:ヘキ。

    Mackey:ああ、えーと……大丈夫かこれ、英語で言って。フェティシズムね。近いのはそういうニュアンス。要するにこういう状況やストーリーやキャラクターが好きなんだ! っていうこだわり。

    Steve:日本って!(※カルチャーショックを受けています)

    Mackey:会長が言うのとはまた別な意味でディープな日本文化だよねぇ……うん……。待って? そういえばわりと会話で流してたけど、Steve、最近日本のコンテンツそんなにフォローしてるの?

    Steve:僕、わりとアニメーション映画会社作ったりしたし、そういうの好きだけど。

    Mackey:へぇ。初めて知ったなー。

     
     

     

    『いま、生きている人間のほとんどは、死んでいくべきところを自ら想定することなしに死んでいきます。』
    『日本の死者のたましいは、行き場も知らず、祈りによっておくられるわけでもない』

    今、日本にはこれまでの宗教的世界観とは無縁の、新しい霊界が生まれています。
    あらゆる死者は行くべき場所も知らず、また、これまでのどのような祈りや弔いも無効化しているために、どこにも行けず、ただ暗闇の中にいるものがほとんどです。
    あなた自身や、あなたの大切な人、尊敬する人の魂が、よきものとして歩むための、行く先を照らす光。新しい契約の形としての、命の書。その登録への窓口が、こちらです。

日本の食文化が世界を変える時代のはじまりに合わせて、料理に使う包丁に、剣神界の光の波動が宿ることになりました。
人間が日々、食べるものは、すべて地球の恵み、いのちの営みから生まれたもの。そのそれぞれに固有の波動があり、そこから、人のいのちへ伝わるものがあります。
いのちあるものをいただくことは、いのちの波動を受け取ること。
この波動刀は、食材の波動を生かす、光の包丁です。

お求めは、こちらから▶︎

コンセクフードとは、光の波動を宿した食品、食材のことです。美味しさとは、良質な波動と一体のものであることを伝え、ひとの持つ味覚の本来の可能性を開花させる、このコンセクフードのシリーズで、心も身体もヘルシーな波動に整えてください。
  • No.13

    【御節料理】

    2024年明けましておめでとうございます。日本では、元旦に歳神様をお迎えするために、めでたさを重ねる重箱に、子孫繁栄、無病息災、五穀豊穣などの意味を込めた食材を詰めたお供え物ー御節料理を準備します。
    そのお供え物を一緒にいただくことで歳神様のご利益をいただき  新玉の年を盛大に祝うのです。 このような意味のある御節料理 一年の始まりを大切に思う日本人ならではの慣わしを さらに尊い、 光の御節料理としてご用意し、歳神様を迎え 明るい一年の始まりを神と人が共に祝福することができればどれほど幸せなことでしょう。 そのような御節料理をご提供できればとふつふつと考えております。

それは日本の土地の神性の復活の道。

精神学協会の歩みと共に、土地と植物、食物の人間の波動を理想に近づけることで、完全無肥料、無農薬の野菜作りのシステムを完成させた一家が、北関東にいます。これは2010 年に始まった、その取り組みの記録です。
  • 新たな畑~小さな家庭菜園の続き~
    GW中に植えた、誰でもできる簡単家庭菜園の続きです.つるものネットを張っていきます。一人でも大丈夫。気軽に夏野菜を植えられる必須アイテムです。肥料も農薬もなく、可愛がってあげるだけなら誰でも花を育てるように、野菜を栽培できます。
    波動意識農法は土地の波動の指導をもらいながら、誰でも野菜作りはスタートできます。
     
    まずは、こちら。地元にあるホームセンターで購入しました。 小さな畑ですので、細い棒で大丈夫かと思います。支柱を三本立てていきます。 5月5日に植えた苗の真上位にネットが張れるように支柱を立てます。 セット内容はロープが二本、ネット一枚です。 支柱を立てます。深くさします。 苗の列に沿うように支柱を立てたら、今度は黒いロープを上下に張っていきます。 張ったロープにネットを通します。 ネットの裾が長いので、カットしていきます。 ネットの下にもロープを通して、カーテンのようにスライドさせると、広がります。 最後に、ネットの端を支柱に結んだら完成です。 このネットに、トマトやキュウリがツルを伸ばし、実を付けていきます。結構重くなるようなので、ネットが重さに耐えられるように、上のロープをしっかり固定したほうが良いです。 1か月たった現在は…皆元気。虫食いも、病気もなく成長しています。 元気に、のびのびとやっております。 先日ネギも植えました。列もまばらですが、これでもしっかり育ちます。 これから暑くなるので、あまり深く植えません。 トマトも、ツタをきちんと、つかまえて上へ成長しています。ちなみに脇芽は取っておりません。
  • デジタル化による便利さの裏で
    あらゆる分野でデジタル化が進んでいる世の中で、ファッション業界にも革新が進んでいます。
    
    例えば、自分の体型を登録すれば、AIが適切なサイズを割り出してくれたり、「どんな服を来ていいのかわからない」といった、ファッションに迷いを持つ人をターゲットに、AIが似合うコーディネートを提案するサービスなど様々です。もはや店員いらずの世界です。
    
    
    このようなデジタル化の世界で、私たちが享受できている便利さは多々あります。ですが、実際にそのようなサービスを使ってみて分かるのが「ファッションは、店頭で見て買うのが一番」ということです。 実際、とあるファッションブランドのオンラインショップでは、自分の体型を3つの角度から指示通りに写真を撮り、必要事項を入力すれば、XSから3Lまでのサイズの中からピッタリのサイズを選んでくれるというサービスがありました。 私は、ちょっと面倒だなと思いながらも、自分の立ち姿を3回写メで撮り、AIが選んだサイズを購入してみました。 買った側からすると「AIが選んだサイズだから間違いない」と思いますよね。ですが、実際に家に届いて着てみると「なんだか大きい」「素材感も思っていたのと違う」。結局納得がいかずに、返品する羽目になりました。 この経験からも、ファッションは、素材感やサイズを目で見て確認し、商品から漂う雰囲気(=波動)を感じ取りながら選ぶのが、何より大事だと思うのです。 バッグも、サイズさえ用途に合えばいいのではなく、いつもの自分の荷物を入れてみて、使い心地を試してみたいし、手に持った時の感覚を実感しながら選びたいですよね。 つまり、デジタル化されると便利だけれど、店頭でのお買い物の楽しさに勝るものはないということです。 そこで、今ヴァグリエでは、「スペシャルインビテーション」として、来店時にくじを引いていただき、その場で使える割引クーポンが当たるイベントを実施中です。 寒い中お越しくださる皆様に、少しでも楽しくバッグを選んでいただきたい。そんな想いで開催しております。皆様のお越しを心よりお待ちしております。 【スペシャルインビテーション 実施期間】 大阪店:12/5(火)~12/23(土) 東京店:12/1(金)~12/23(土)
  • Vol.64:三章-2

     *
     
     
     ――僕は、前に君に、神についての話をしたことがあったよね。
     
     僕は生まれつき、自分が恵まれた人間だっていう自覚があった。何かをするために、何かを成さねばならないから、ここに居るんだ、そんな不思議な確信があったんだ。
     だけど、この感覚を持っているのは、周りの子供たちの中では僕一人だけでさ。仕方ないから僕は話が合う人を探そうと思って、別のところに行くためのきっかけ作りとして、勉強をすることにしたんだ。
     最初は物理学やエネルギー系の話が気になって、それをしばらくやっていたんだ。エネルギー会社の技術者だった父が、おまえは本当に変わった奴だなぁって言いながら、いろんな人に会わせてくれたし、技術系の施設にも連れていってくれた。

     それで僕はたくさんの本やインターネットの情報から、ある日エネルギーと量子存在の関係はこうなんじゃないかって仮説を立てて、簡単な実証実験をしてみたんだ。そのせいでうっかり、その日いた施設のエネルギー循環を止めちゃったんだけど。もちろんものすごく怒られた。でもその次の日から、僕は大人たちに混じって実験のやり方や、論文を作るってことを教えてもらったんだ。うん、ずいぶん小さな頃から僕は研究者であり技術者だった。天才だと、人は僕を呼んだから、天才って何だろう? って調べて、それで初めて天や神の概念を知ったんだよ。
     その時、僕の中では不思議な納得があった。ああ、だから僕は、何か大事なことを果たしなさいと、神様から命を与えられて生まれてきた人間だったんだ、って。だから、僕は次から次へと、次は何をすればいいのか、何を学べばいいのか、予感のように分かったんだ、って。他の人が皆、僕のようではないなんて、理解するのにはずいぶん時間がかかったように思う。
     僕は本当にいろいろなことをやったけど、そのうち、アンドロイドの開発研究にも呼ばれるようになってね。もともとは君の胸にもあるテラエンジンを、どうやったら小型化して埋め込めるか、っていう研究をしていたんだ。それでプログラムも手伝っているうちに、アンドロイドの振る舞いや疑似人格のコーディングにも関わるようになっていった。人間の性格の元を移したら面白いんじゃないかなぁって、考えるようになったのはその頃かな。ソウルコードの発見も、友人が悩んでいた研究にアドバイスをしたら、うまいこといったんだ。おまえが関わると悩む時間が減って、仕事が増えるし研究の甲斐がなくなる、って怒られたけど。僕は全然そんなつもりはなかったんだけど、悪いことをした。
     ――MOTHERを作るプロジェクトが持ち上がったのは、その頃だったかな。一番いい候補機を作った奴に、次の高度疑似人格を持ったアンドロイドの設計許可をやる! って当時の施設長が言ってね。僕はその頃、開発っていうのは神に導かれてやるもんなんだ、って周りに公言して憚らなくて、周りからやっぱりおまえは変な奴だ、って言われてた。
     ところが、僕は自他共に認める大の天才だっていうのに、MOTHERの開発だけはちっともうまくいかなかった。何回も何回もプログラムをやり直して、あいつが苦戦するんだからコレは相当な難事だ、とまで言われて、意地になってたのかなぁ。
     ……三日ぐらい徹夜して、ずっと考えながらコードを書いていたんだ。
     今までうまくいっていたのは、常にそうするべきだという予感があったからだ。僕は正しいことをしている確信があった。なのにどうしても今回だけうまくいっていない。
     ――それで仮説を立てた。今まで僕が何をやってもうまくいっていたのは、それが全て僕にとっては通過点でしかなくて――僕が今ぶつかっているのは、通過点ではなくて、ひとつの到達点だからじゃないかって。
     僕は神に求められた到達点に、ついに行き着いたからこそ、ここで別の突破口を開かなくてはいけないのだと、何となしに感じたんだ。
     だから、ソウルコードの意味について考えていたんだ。
     誰も彼もが導かれて生きているわけではない。けれど、意味があるから僕はここにいることを知っている。僕がここにいる目的は何だろう。皆、どうしてこんなにも多種多様に苦しみを与えられて生きているんだろう。
     僕は誰もが幸せではないことを心のどこかでは知っていた。誰もが誰かを羨んで、不幸な気持ちで生きていた。でも、皆はどこかでこうも思っていた。
     なぜ、私たちはこれほどまでに苦しまなければならないのか。
     なぜ、この世界のどこにも、救いはないのか。
     あるとしたら、どこにあるのか。
     ……もう、君は答えを知っているんだ。分からないかい?
     ソウルコードがこれほど多種多様に存在しているのは、宇宙が『答え』を探しているからだ。
     この世界は、苦しみの悲鳴を上げ続けている。僕らも含めて、何十億通りも、何兆通りも試しても、まだ答えが見つからない。
     だから僕は祈ったんだ。
     これほどの求めの末に、星の数ほどの試行の末に、やがて全ての答えが導かれるというのならば。
     僕はそれを見たいし、希望したい、と。
     
     君と僕は、それを『宇宙の果て』、と呼んだ。もしも答えがそこにあるのだとしたら、それは、きっととても美しい場所だろう。僕は、そうであって欲しいものだと思っている。
     
     そして、祈りが通じ、奇跡は起きたんだ。
     
     その夜のことだよ。プログラムの修正をしていた僕の前に、『彼女』が現れたのは。
     

続きを読む▶︎

日本語脳のクリエイティブパワーが炸裂する新メディアが、シンロジアです。