HADO MARKET NEWS
Top Page


波動マーケット新聞



精神学協会:ゴッドブレインサーバー掲載
hado market.com

ハドー・マーケットのアフィリエイト・プログラム

あなたのSNSで、ハドー・マーケットの取扱い商品を紹介、リンクしてください。
売上高に応じた、ハドーポイント(ハドー・マーケットのみ有効)が附与されます。
精神学協会の歩みと共に、土地と植物、食物の人間の波動を理想に近づけることで、完全無肥料、無農薬の野菜作りのシステムを完成させた一家が、北関東にいます。
これは2010 年に始まった、その取り組みの記録です。

岡山で波動意識農法~2023年の成功~

2023年は岡山で無農薬無肥料野菜が美味しく実り、山や自然に受け入れられた年です。
今回ご紹介するのは、2023年9月後半の畑の様子です。この時は、まだまだ夏野菜の収穫が出来るくらいの猛暑。雨も降らず異常気象です。畑に草がたくさん生えてくれているおかげで、水分が不足している中でも、野菜のみずみずしいこと。草が水を蓄えてくれます。今回は草の整理をします。草を抜くのではなく、刈るだけ。根には沢山の微生物が付着しています。抜くのはもったいないで、根は残します。

 
畑の手入れは、大切なコミュニケーションの一つです。 自然と話しかけながら作業をしたり、無心で作業をしたり…。皆それぞれ畑とコンタクトを取っています。 畑だけではありません。いつも敷地内全体の手入れをしているので、この場の波動は、より良くなっています。 こちらの大芦高原には「不思議」があります。大芦高原に来ると、必ず「仕事」が入ってきます。最初は、偶然かと思っていましたが、そのような反応は仕事だけではなく、体の不調も改善され良くなります。 体を動かす=細胞の活性化=脳が動く=使う言葉が変わっていく=新しい未来が作られていく…のかな。 この大芦高原ホテル。小さい子から、誰でも作業に携わる事が出来ます。ここでは、撒き割り、掃除、掃き掃除、調理や野菜の収穫も大切な仕事です。そして、何もしなくても、いるだけでも良いのです。それは意味のある事に繋がっていきます。ここには「~しなくてはならない」はありません。「動きたい人が動く」それでいいのです。 それでは、野菜の様子です。 こちらは、ピーマン。赤くなっているものは、そのままにしておきます。 そして、伏見甘長。炒めて食べると、柔らかくて美味しい。 大根、小ぶりですが、土の中ですくすく育ちました。 ナスは、まだ小さいのですが、一つだけ収穫して、味見してみます。 こんなに沢山収穫できました。 来年も、皆さんにとって実り多き年になりますように。
written by
pagetop